TitanFXのスプレッド比較とスペック検証で利用価値を探る

日曜日 , 16, 2月 2020 Leave a comment

TitanFXのスプレッド比較とスペック検証で利用価値を探る

この記事ではTitanFX(タイタンFX)のスプレッドを検証していきます。

・スタンダード口座とブレード口座のスプレッド

スタンダード口座のスプレッド比較

ブレード口座のスプレッド比較

という流れで書かれていますので参考にしてください。

 

TitanFXの基本情報
金融ライセンス バヌアツ共和国のVFSC金融ライセンス取得
運営実績 運営開始は2015年~
ドル円スプレッド スタンダード口座:1.33pips
ブレード口座:0.33pips(手数料0.7pips/1Lot往復)
ボーナス ボーナスなし
最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
追証 ゼロカット採用で追証なし
取扱い銘柄 FX通貨ペア60銘柄、CFD20銘柄
入出金手段 クレジットカード、デビットカード、bitwallet、STICPAY他
日本語サポート 日本人スタッフによるメール、チャットは迅速対応
公式サイト 完全に日本語対応で分かりやすい
TitanFXの特徴
・NDD方式によるインターバンク直結のトレードができる
・初回最低入金額2万円で最狭スプレッド口座が利用できる
・ストップレベルゼロでトレードがやりやすい
・スキャルピングの制限は一切なしで、EAや大ロットスキャルもOK

 

 

TitanFX のスプレッド

TitanFXにはスタンダード口座とブレード口座という2つの口座タイプがありますが、

スタンダード口座のスプレッドには取引手数料がマークアップ(上乗せ)されていますが、

ブレード口座には0.7pips/1Lotの取引手数料がかかります。

それ以外の全体的なスペックに大きな違いはありません。

 

スタンダード口座とブレード口座の平均スプレッド

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座とブレード口座の平均スプレッドを表にまとめてみます。

※( )内は取引手数料を含めたスプレッド

スタンダード口座 ブレード口座
取引手数料 なし 0.7pips/1Lot
USD/JPY 1.33pips 0.33pips(1.03pips)
EUR/USD 1.2pips 0.2pips(0.9pips)
EUR/JPY 1.74pips 0.74pips(1.44pips)
GBP/USD 1.57pips 0.57pips(1.27pips)
GBP/JPY 2.45pips 1.45pips(2.15pips)
AUD/USD 1.52pips 0.52pips(1.22pips)
AUD/JPY 2.12pips 1.12pips(1.82pips)

 

TitanFXのスプレッド比較

スタンダード口座、ブレード口座のスプレッドを

それぞれ他の海外FX業者のスプレッドと比較をしてみます。

 

スタンダード口座のスプレッドをTradeview、XMと比較

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座のスプレッドを、

Tradeview、XMのスタンダード口座と比較をしてみます。

TitanFX
スタンダード口座
Tradeview
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
取引手数料 なし なし なし
USD/JPY 1.33pips 2.1pips 1.6pips
EUR/USD 1.2pips 1.8pips 1.8pips
EUR/JPY 1.74pips 2.4pips 2.5pips
GBP/USD 1.57pips 2.4pips 2.2pips
GBP/JPY 2.45pips 2.4pips 3.6pips
AUD/USD 1.52pips 2.1pips 2.0pips
AUD/JPY 2.12pips 2.8pips 3.4pips

 

TitanFXのスタンダード口座のスプレッドはXMよりも狭いですが、

・TitanFXにはボーナスなし

・XMには入金ボーナスとやロイヤリティプログラムのキャッシュバックがある

ということを考えると、

STP口座に関しては、XMのスタンダード口座のほうが、

メリットがあるのではないかと思います。

 

ブレード口座のスプレッドをTradeview、XMと比較

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座のスプレッドを、

TradeviewのILC口座、XMのZERO口座のスプレッドと比較をしてみます。

※取引手数料込みの平均スプレッド比較

TitanFX
ブレード口座
Tradeview
ILC口座
XM
ZERO口座
USD/JPY 1.03pips 0.6pips 1.1pips
EUR/USD 0.9pips 0.6pips 1.1pips
EUR/JPY 1.44pips 0.9pips 1.6pips
GBP/USD 1.27pips 1.0pip 1.6pips
GBP/JPY 2.15pips 1.0pips 2.1pips
AUD/USD 1.22pips 0.7pips 1.4pips
AUD/JPY 1.82pips 1.0pip 2.0pips

 

ここでは容赦なくNDDの最狭スプレッド王者、

Tradeviewとスプレッド比較をしてみました。

 

TitanFXのスプレッドは、

・XMよりは狭い

・Tradeviewより広い

ということが分かります。

 

まとめ

TitanFXのスプレッドはTradeviewと比較して広い、

ということがスプレッド比較で分かりましたが、

 

それにもかかわらずTitanFXの利用者が多い理由は、

最低入金額、レバレッジなどのスペック面

の使い勝手が抜群だからです。

TitanFX Tradeview
初回最低入金額 2万円 10万円
レバレッジ 500倍 200倍
ロスカット水準 20% 100%
スキャルピング制限 なし なし
注文処理 NDD NDD
最低取引ロッ 1,000通貨 1万通貨

 

海外FXの最狭スプレッド口座(ECN口座)は、

最低入金額が高く、レバレッジが低いという傾向があります。

 

しかしTitanFXのブレード口座(ECN口座)は、

初回最低入金額200ドル

レバレッジ500倍

で利用することができます。

 

海外FXの魅力は、少額でもハイレバで一攫千金を狙えるところにありますが、

TitanFXであれば少額投資のハイレバトレードが可能です。

 

XMのスプレッドやストップレベルに不満がある

GEMFOREXのDD環境(ノミ業者)に不信感を抱いている

というワンランク上のトレード環境を探している人には、

TitanFXはメリットが多いのではないかと思います。

 

TitanFXのまとめ
 

NDDの透明性が高いトレード環境が整っている

ストップレベルゼロでトレードが抜群にやりやすい

・スキャルピングの制限がなく、EAや大ロットのスキャルもOK

・初回最低入金額200ドルの少額でECN口座が利用できる

・追加入金はクレカは1円、bitwalletは110円以上の入金で手数料無料

bitwalletでスピード入出金が可能

・日本語サポートは日本人スタッフがチャットで迅速対応

・公式サイトや会員ページは完全日本語対応

 

 icon-pencil-square-o TitanFXのおすすめ関連記事

TitanFXの評判は?XMやGEMからの流入が多い理由とは?

 

icon-thumbs-o-up あわせて読みたいおすすめ記事

海外FXのボーナスを有効に使いたい人は
海外FXのボーナス、キャンペーン最新情報!

海外FX歴13年の管理人がおすすめする海外FX業者
海外FX業者のおすすめ【海外FXの全てが分かる鬼まとめ2020年】

投稿 TitanFXのスプレッド比較とスペック検証で利用価値を探る海外FXの達人 に最初に表示されました。

Source: 海外FXの達人
TitanFXのスプレッド比較とスペック検証で利用価値を探る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。